すがわら不動産コンサルティング

土地・建物の有効活用のご提案

定期借地権について

u91060101i925 住宅を建築する目的の場合、50年以上の期間を定めて一般定期借地権を設定することが可能です。
土地を所有から利用に切り替えることで敷地を広く、住宅のグレードを高くすることができます。
また所有権分譲と同等であれば安価に建物等を所有することも可能になります。 日本全国で既に数万戸の定期借地権住宅が誕生しています。
パースは福岡県内で提案中の物件で、敷地中央に農地とバーベキューガーデンを配した一戸建て4区画の定借プランです。